定年後の仕事と働き方

定年後の転職・再就職

定年後の継続雇用や再雇用制度を取り入れていない企業の場合や、本人が他の仕事をやりたいという希望を持っている場合、転職や再就職をするのも選択肢のひとつです。
また、再雇用制度があっても条件が合わない場合、転職をしたほうが有利になるケースもあります。

再雇用制度を取り入れている多くの企業は年金支給が満額になる65歳になると退職をしなければなりませんが、70歳になっても80歳になっても元気なうちは働きたいという意思を持っている方は、定年退職後かあるいはその前に年齢制限がなく何歳までも働ける職場に転職をしたほうが有利です。

60歳からの転職、再就職は決して易しいものではありませんが、長年培ってきた実務経験を生かせる職種や、契約社員、パート、嘱託社員といった形態の働き方を選べば、成功の可能性は大いにあると言えます。

スポンサーリンク

定年後の転職・再就職先の探し方

定年後の転職、再就職先の探し方としては次のような方法があります。

知人に紹介してもらう
今までの人脈をフル活用し、転職先を紹介してもらう方法です。
特に親しい人からの紹介は成功する確率が最も高くなります。

民間の人材紹介会社に登録し、紹介してもらう
この場合、今までの実務経験やスキルを強くアピールする事により、即戦力を必要としている企業に転職、再就職できる可能性が高くなります。

ハローワークなどの公的機関を利用する
最も一般的な求職方法です。ハローワークでも少しずつですが、中高年や高年齢者の求人募集が増えています。

求人情報誌や新聞の求人欄、インターネットの求人サイトを利用する
中高年や高年齢者の求人は決して多いとは言えませんが、思いがけず自分にピッタリの職種に出会う事もあります。

人材派遣会社に登録する
やはりまだまだ中高年や高年齢者の派遣先は少ないというのが現実ですが、特定の分野のキャリア(資格、経験、知識など)を持っている場合は、有利な条件で仕事を探す事ができます。

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP