定年後の仕事と働き方

定年後の資格取得

定年後に資格を取得する人が増えています。

定年後の資格取得の目的

定年後に資格を取得する場合、やみくもに取得するのではなく、目的を明確にしておきましょう。

転職、再就職を目指す場合は、今までの仕事を基礎にした資格が無理なく取得でき、今後のレベルアップにもつながります。
実務経験と資格をプラスする事により、再就職先へのアピール度も高くなりますので、即戦力として雇用される可能性が高くなります。

計画的に資格を取得した上で、定年後に独立、起業を目指すこともできます。
その場合は、定年前から少しずつ準備を整えて行く事をおすすめします。
軌道に乗るまでの資金面や生活費の確保なども考慮しておく事が大切です。

好きな趣味を持っている方は、その延長としての資格を取得するのもいいでしょう。
定年後の仕事に生かすというより、好きな事を続けながら人生を楽しむというスタンスの方は趣味に関連した資格がおすすめです。

スポンサーリンク

定年後に取得できる資格の種類

定年後から取得できる資格には、多種多様なものがありますが、一例として次のようなものがあります。

・社会保険労務士(人事、総務の経験のある方)
・公認会計士(財務関連の経験のある方)
・中小企業診断士(経営を理解している方)
・介護事務(介護に関心のある方)
・行政書士(独立、起業にも向いています)
・ファイナンシャルプランナー(独立にも向いています)
・マンション管理士(独立にも向いています)
・ボイラー技士(年齢制限なく働けます)
・中国語検定(趣味を生かした資格です)
・宅地建物取引主任者(定年後も不動産業界で働きたい方)
・税理士(会計の知識、実務経験がある方)
・ビル管理技術者(定年後まで働けます)
・診療報酬請求事務能力認定者(医療関連の事務経験がある方)
・介護福祉士(介護関連にお勤めの方)
・旅行業務取扱管理者(旅行業界にお勤めの方)
・アロマテラピー検定(趣味を生かした資格です)

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP