定年後の仕事・働き方の選択

超高齢化社会の到来とともに雇用環境が大きく変わろうとしていますが、元気なうちは定年後も働きたいという人が増えています。
60歳または65歳の定年以降も働く場合、いくつかの選択肢がありますが、収入面や自らの希望するライフスタイルに合わせ、どんな働き方が良いかを検討しておく必要があります。
  >>定年後の仕事・働き方の選択


定年後再雇用制度について

定年後も同じ企業や職場で働きたいという希望をもっている方は「定年後再雇用制度」を利用するのもひとつの方法です。
平成25年4月からは「改正高齢者雇用安定法」により、希望する従業員全員について65歳までの継続雇用が企業に義務づけられましたが、この定年後再雇用制度にはいくつかの問題点と注意点があります。
  >>定年後再雇用制度について

定年後再雇用の手続き

60歳以降も引き続き同じ企業で働く「定年後再雇用」を希望する方は、雇用条件などについて早めに雇用主に問い合わせ、確認しておきましょう。
再雇用の手続きの仕方は企業により異なりますが、一般に次のような流れになっています。
  >>定年後再雇用の手続き

定年後の転職・再就職

定年後再雇用制度を利用しない場合や、他にやりたい仕事がある場合、70歳〜80歳になっても元気なうちは働きたいと考えている方は思い切って転職・再就職をしたほうが有利な場合があります。
  >>定年後の転職・再就職

高年齢雇用継続給付について

定年後も引き続き働く場合、賃金が低下する場合が多く見られます。しかし、5年以上雇用保険に加入していて、さらに再雇用もしくは再就職で雇用保険に加入した場合、低下した賃金を補填するため、高年齢雇用継続給付金を受給する事ができます。
  >>高年齢雇用継続給付について

フルタイムとパートタイム

 定年後の働き方として、フルタイムとパートタイムのどちらかを選択する事ができます。
正社員として働いて来た場合、定年後も引き続き同じ条件で働きたいというケースもあります。また、定年をひとつの区切りとして、今後は余暇や自分の趣味に時間を多くとりたいという方は、パートタイム勤務に切り替えるのもひとつの生き方です。
  >>フルタイムとパートタイム

定年後の失業保険受給

 定年後も仕事を持って働きたいという希望を持っている方は、退職後に失業保険(雇用保険)を受給する事ができます。定年退職は会社都合退職になりますので、離職票をハローワークに持参し、所定の手続きを行えば、7日間の待機期間の後、基本手当が支給されます。
  >>定年後の失業保険受給

定年後の資格取得

定年後に資格を取得する場合、まずは今後何をやりたいか目的を明確にしておくことが大切です。
転職・再就職に生かすための資格なのか、趣味を充実させるための資格なのか、または独立・起業のための資格取得なのかを決めておくことにより、途中で挫折する可能性も低くなり、効率よく取得することができます。
  >>定年後の資格取得



[スポンサーリンク]